会社契約で病気による入院が補償される疾病入院医療保険金支払特約が付帯できます

業務災害総合保険
疾病入院医療費用補償特約・疾病入院医療保険金支払特約等セット
AIUのハイパーメディカル
病気で入院する従業員
従来は病気は個人の責任という風に認識された時代もありましたが、精神障害が原因の労災認定が増加しつつある昨今、企業は従業員の精神状態のケアと病気に対する最低限の補償の整備が重要となりつつあります。
従業員全員の病気による入院を無記名で補償

ただし、すでに発病している病気や合併症は補償できません。

※病気を補償する特約については非常勤役員、非常勤雇用のパート・アルバイト、下請作業員や構内下請作業員の方は 補償の対象となりません。(非常勤とは、病気を被ったときの直前6か月聞における、週あたりの平坦労働日数が3日未満、または 週あたりの平均労働時聞が15時間未満のいずれかに該当する場合をいいます。)
※初年度契約において、保険期間開始目前に発病していた病気は補償の対象にはなりませんが、その場合でも医師の治療が終了した日から その日を含めて2年を経過した日の翌日以降は、補償の対象となります。
(先天性異常はいずれの場合も補償の対象となりません)
保険料は年齢 性別に関係なく売上高と業種で決定※売上高を確認することが出来る損益計算書や、個人事業の場合は確定申告時に提出された収支内訳表等の書類のコピーをご提出頂きます。
従業員の方々から個別告知は不要です※ご契約者による一括告知となり、加入手続きが簡単です。
病気入院の際の健康保険の3割の自己負担分や先進医療費用※1.お支払額は高額療養費、付加給付を差し引いた額となります。
※2.先進医療に要した「技術料」「交通費」は、日帰り入院または通院の場合も、補償対象となります。
※3.医師の指示、他の病室が空いていなかったなどの「治療上の必要性」があった場合には、1万円を超えても自己負担となった額をお支払いします。
葬祭費用※補償の対象となる方が死亡し葬儀などが行われた場合、実際に負担した葬祭費用に対し、ご契約の保険金額を限度にお支払いします。無記名で年令性別に関係なく一律の保険料で補償されます。
※非常勤役員、非常勤雇用のパート・アルバイト、派遣社員、下請作業員や構内下請作業員の方は補償の対象となりません。(非常勤とは、ケガまたは病気を被った 時の直前の6ヶ月における、週あたりの平均労働日数が3日未満、または週あたりの平均労働時間が15時間未満のいずれかに該当する場合をいいます。)
※同一の補償を提供する他の保険契約などがある場合でも、受け取られる金額がご負担額を超えることはありません。
火災保険のお電話でのお問合せ